図書館にて。

大学の図書館は、本を探すところではなく、
勉強するところ。

トリノ大学には学部や分野によって分かれた小さめの図書館がいくつもあって
「ここにいけば何の本でも見つかる」ということはまずなし。
大きい図書館では本棚に近づくことすらできず
前もって蔵書を検索しておいて
その本がある図書館のカウンターで尋ねなければいけない。。。ということも。

なので学生はたいてい勉強するために図書館に行きます。
(日本でもそうかな??)
私のようにパソコンを持ち込んでインターネットを使いに来る人は少数派です(笑)
大学の図書館は、暖かいし机やイスも新しいし、
空き時間に勉強するにはすごーーーーく快適な場所だと思います。
そして士気が高まる!!
図書館にいる人たちはみんな真面目。
ここにくると、ああ勉強しなきゃ私も!と思います。






図書館に入るときにはカバンをロッカーに入れなくてはいけない。

これはほぼ共通なのですが

ロッカーに入れるコインが共通じゃない!!!!涙

1ユーロならまだ財布に有る可能性大。
しかし、
とある図書館では2ユーロ硬貨じゃなければ駄目。

2ユーロ。。。3ユーロ以下の買い物して5ユーロ札で払わないと手に入らないし。
できるだけ小銭で払え、といわれるイタリアで2ユーロが財布に入っている可能性なんて
そうそうないのに。。。

いまは図書館に行くために2ユーロ硬貨を常に財布に入れて使わないようにしています。

ロッカーに入れる硬貨はいくらなのか、
色んな図書館に行ってデータとるのも面白いな(*^_^*)
[PR]

by nana4530tor | 2008-11-04 15:00 | 留学のはなし  

<< ROMA旅行、一日目 イタリア苦労話その1~ネットが... >>