<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

読書リスト

休職中は起き上がれるけど外に出たくない・・・
(社員寮の向かいに、外出のたびに話しかけてくるオジサンが住んでいるため。笑)

そこでかなりの本を読んでいました。
つまらない本も面白い本も流れるように黙々と。ちょっと怖いねw
7割がた題名すら忘れましたが、覚えている範囲で題名だけでもメモします。


★小説★
「少し変わった子あります」森博嗣
「数奇にして模型」森博嗣
「すべてがFになる」森博嗣

★自己啓発本★
「30代からの自己プロデュース」横澤彪
「人生のガラクタ整理術」キャサリン・ギブソン
「今の自分を好きになる本」宇佐美百合子
「色彩検定3級テキスト」←体調不良で受験しそびれたけど、ためになる。

★生活お役立ち本★
「誰も教えてくれないお金の話」うだひろえ

 ↑会社員の恩恵ってすごいんだなと実感し、退職を思いとどまる。(笑)
「湯たんぽを使うと美人になる」斑目健夫
「いますぐ使える!折り方・たたみ方・包み方」あたらしいやり方研究会
「ネイティブに伝わるビジネス英語」ディビット・セイン
 ↑会社では対して使えない表現だった。笑

★ビジネス本★
「6分間文章術」
「儲かる会社はこんなことをやっているんだ」小山政彦
「マーケティングの基本」安原智樹
「コトラーのマーケティング3.0」フィリップ・コトラー(まだ読書中)

★エッセー★
「悲しむのは、悪いことじゃない」香山リカ
 ↑精神科医の物書きさんのなかでは一番好き。


・・・書いてみると、読んだだけでまったく覚えていない本がたくさん(笑)
次からはちゃんとメモしよう。
[PR]

by nana4530tor | 2015-02-23 21:54 | 日記。  

ちょっとした課題

今年はミラノで万博が開催されるのですが、
日本語のネット社会にはちっとも情報が載りません(日本の参加企業は除く。)

ということで、来週は英語と日本語で情報収集してblogで発表したいと思います。

そろそろ飛行機予約しなきゃ…
[PR]

by nana4530tor | 2015-02-20 21:30 | 日記。  

ノドがいてて。

最近のお悩みは、顔のむくみです
鏡見ると、ほうれい線が消えるほどパンパンなんだよね。

解消には高校時代によくやったあいうえお発声が効くらしい。あ→お、い→う、え→お、の繰り返し三パターンを繰り返す。

しかーし、それもできない事情が発生してます。
そうです。口内炎です。

それも、ノド&前歯裏のほっぺ。
初期段階で医者に行ったものの、やっぱり食事で刺激あたえてしまうので、むくむく成長して治りにくい大きさになってしまったー。

こうなると、会話もままならず、飲み物も痛いし、歯磨きが拷問レベル。むくみとか、言ってられないっす。


というわけで、せめて次回からは予防しようと、いろいろネットで検索した結果…

・歯磨き丁寧に。1日一回でもいいから10分磨く。
・唾液を出す。ガムとかで頑張る。
・ビタミンとる。私の場合は野菜ジュースが手っ取り早い。

とにかく、治ったら頑張るよ。もう痛い思いしたくないー。
[PR]

by nana4530tor | 2015-02-09 21:53 | 日記。  

映画『冷静と情熱のあいだ』を再び観る。

2015年も少々スタートが遅く、休職続行中であります。
そんな時にふと見つけて見直してみた、映画「冷静と情熱のあいだ」。

基本情報→原作は辻仁成と江國香織の同名小説。男と女の2つの視点から書いたストーリーが話題になりました。
キャスト→竹野内豊、ケリーチャン、篠原涼子、ユースケ・サンタマリア、椎名桔平ほか。意外と豪華でしょ。
あらすじ→順正とあおいは学生時代に別れ、それぞれイタリアのフィレンツェとミラノで別々の人生を歩んでいた。心の底ではお互いを忘れられず、自分の居場所を探しながら生きるなか、10年前に交わしたある約束が二人を結びつける。順正は絵画の修復士、あおいはジュエリー店員で会社役員の恋人がいる設定。


「なんかイタリアで撮影したんだっけ?」
舞台は二人が大学時代を過ごした日本と、今暮らしているミラノとフィレンツェ。ロケーションにもこだわっていて、両国の古い町並みで暮らす様子が羨ましく感じます!
「主役二人が英語やらイタリア語やら日本語やら話したような…」
あおいが日本とアメリカ人のハーフという設定で、順正との会話は日本語と英語。イタリア語は今の生活で二人とも使っているけども、あおいの彼氏はアメリカ人だから英語も頻発。つたなーいイタリア語や日本語なんだけど、見てる人も感じる何とも言えない疎外感やもどかしさ。これ、主役二人の、居場所を見つけられない孤独感、を表してもいるのかな!なんて。

という今更な発見もありましたが、やっぱり再確認したのは空中から撮ったフィレンツェのドゥオモの美しさ。そして、葉加瀬太郎作曲のチェロ曲や、エンヤの歌声などの素晴らしい音楽。いつみても感動できる要素があるんだよなぁ。
あとは、忘れられない人がいる誰にも起こり得る、もしもストーリー的な展開が、観る人の共感を呼ぶんだろなぁ。


一度見たけど、小説は読んだけど、って人にもぜひお薦めしたい映画です!小説と違い映画は1つのストーリーなので、流れるように見れます。

レンタルDVDもいいけど
私はauのムービーパスの無料期間を利用して見ました。

動画も合法的に便利になっていいね。

竹野内豊がtutto?!と連呼するシーンなんか、イタリア語勉強した女子にはたまらんです。

ではこのへんで。
[PR]

by nana4530tor | 2015-02-08 17:41 | 日記。