「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

今さらUK旅行記2009その2

いまさらUK旅行記続きです。

<2日目>
イギリス旅行2日目は、のんびりスタート。

午後から小学校のもう一人の友達も加えて歴史博物館へ♪
最近生まれた彼女の赤ちゃんも一緒です。
結婚はしてないけど子供がいて恋人と同居・・・そんなカップルがここでは当たり前だそう。
でもその分、女性も仕事への思いが強い気がする。
友達は産後5ヶ月だけどもう職場復帰するそうな。


f0198010_19114996.jpgさてさて、歴史博物館は、昔のウェールズ人の暮らしを模した屋外博物館。
羊や豚もいるんだな♪♪

f0198010_19122851.jpg


私の記憶があんまり無いせいで、会話は殆ど今の自分達の話。
でもそれでもいいのかな。

f0198010_19133368.jpg

夕方には赤ちゃんのいる友達を家まで送り、私たち2人は明るいうちにカーディフ港へ♪
f0198010_191356100.jpg
スーザン・ボイルが出てたオーディション番組の決勝はたしかここだったような。


f0198010_19144453.jpgBBCのドクター・フーというSFドラマが大好きで、テーマパークに連れて行ってもらいました♪
大興奮する私に若干あきれながらも(笑)ちゃんと付き合ってくれた友達に感謝。


夜は彼女の親友のタトゥー技師を紹介されびびる。
彼はもはや全身タトゥーで、耳に腕輪みたいな大きさのピアス穴があるんすよ・・・
・・・ははは。
でも包容力があってなかなかに面白いやつでした。


<3日目>
3日目はソールズベリへ出発・・・の予定でしたが友達の休暇が今日まで
という事なので急遽予定変更。
もう切符買っちゃってたんですが、前売りの乗車券は返金できないと駅で言われ

かなり激怒!運賃高いし柔軟性のないイギリス鉄道・・・がっかり。

気をとりなおして、大大大好きなコッホ城へ連れて行ってもらいました。
f0198010_19155088.jpg


「コッホ」とはウェールズ語で赤という意味です。
ウェールズ語はケルト語族で、英語と並ぶ公用語ですが、日常的に話す人はほとんどいなくなりました。
言語保存のために標識や学校教育でもしっかり扱われています。


f0198010_19162078.jpg午後は以前住んでいた家の周りや小学校を訪ねた後、友達の馬にのせてもらった♪

いま彼女の生きがいは彼らを養うお金を稼ぐこと。

動物が大好きで、大学の専攻もそれを専門としていたらしいんですが
職が見つからず、今はわりきって馬の世話を楽しむことにしているらしい。
でもやりたいことを諦めているわけではないみたい。

彼女との会話で、私も人生を長く考えて見ようと思った。

次回はUK旅行記最終回です。
[PR]

by nana4530tor | 2011-05-24 19:23 | 旅行記  

いまさらUK旅行記2009その1

はい、ネットが繋がらない間に書きためた旅行記放出します♪

2009年の夏に行ったUK旅行記↓↓

~まえおき~
高校、大学の友達にはあまり話してないですが、
小学校入学まえから小2まで、イギリスのウェールズ地方に住んでおりました。
まだ小さかったせいで記憶はあんまりありません。

日本人学校は週1日しか開講しないタイプで、
平日は現地の公立幼稚園・小学校に通ってました。
めちゃめちゃ人見知りする子で、新学期初日から大泣きしてました。(笑)

衝撃だったのが、
授業で使う文房具はぜんぶ共同使用なこと。(小学校の話)
鉛筆、消しゴム、色マーカー、定規、ぜんぶ一班に何本って決められててそれを使うんですね。
知らずに持って行ったキティちゃんの鉛筆とクレヨンを友達に平然と使われ、
またもや大泣き(笑)

そんなことがあったので、イタリア留学中
同居していたイギリス人の子達にNutellaを勝手に食べられてたとき、
「出た、イギリスのシェア文化!」なんて思って悲しかったり。

あと、紅茶

コーヒー並みの濃さに入れる(ぶっちゃけ、「なんで紅?黒じゃん」って思う。)
そして牛乳たっぷり入れて飲む。
茶葉は常に3種類以上常備。

っていうちょいマニアに見られがちな習慣も、同居人たちは普通にやってて
「おお。それってイギリス式なのか。」とか思ったり。

あまり覚えていないイギリス生活も、実は自分に根付いてたりします。


そんなイギリスに、里帰り(?)してきました。
ぜんぜん記憶ないことが悔しくて、日本に帰国するまえにじっくり訪れたかったんです!

カーディフ市、ストーンヘンジ遺跡、イングランド地方ブリストル市とゆかりの土地をめぐる計画を立ててる最中、
奇跡的にFacebookで当時の親友(南アフリカ生まれのウェールズ人)と10年ぶりに連絡取る事に成功☆彡
なんと彼女とは13年ぶりの再会です。

が!!
主語をかならず示す、という英語文法の常識をことごとく壊してくる彼女。
待ち合わせ方法が曖昧なまま出発☆ww


<2009年7月。一日目>
ブリストル空港には深夜0時に到着。
空港のSubwayで晩ごはんを食べて、だらだらと始バスを待つ。
空港→ブリストル駅→電車でカーディフへ。
2時間くらいですかね。
駅のアナウンスがないにも関わらず停車時間が短いので、
電車では一睡もできませんでした・・・笑

さてたどり着いたカーディフ駅。
外は大雨でございます。とりあえず駅で予約しておいた電車の切符を引き取り、
朝ごはんとしてミートパイを頬張ります。
待ち合わせは市立博物館・・・のはずなので
とりあえず観光案内所をめざし商店街を散歩。伝統的な狭い路地の先は
ショッピングモールやら劇場やら図書館だったりする。都会だ。

観光案内所のパソコンでFacebookを確認したら
「で、いつ到着するの?」とかいうメールが友達から来ていてびびる。
不安に思いケータイにメールすることに。
仕事が終わり次第市立博物館に迎えに来てくれるとのこと。
とゆーわけで、約6時間の暇を持て遊ぶべく博物館へ~
カーディフ城という観光名所もあるんですが雨のためスルーですw
f0198010_1173144.jpg
f0198010_1184840.jpg市立博物館は無料で開放されていてしかも広い。
美術館+博物館という仕組みになっていて本気で5時間ほど居座りました・・・


さて、友達はちゃんと博物館の前まで車で来てくれていました!!
感動の再会・・・というより、「変な感じ!!!」
とりあえず私の英語もまあまあ通じるようでリラックスして話せました^^


帰りがけに牧場にいる彼女の馬(2頭も持ってます!!)に餌やりをして帰宅~。家から車を15分も飛ばせば緑いっぱいの丘に着く、カーディフは最高の環境です。

晩ごはん後、だらだらと話をしながら「ミスト」というホラー映画を見て就寝。(笑)
長くなったので2日目からはまた次回に。
[PR]

by nana4530tor | 2011-05-21 01:23 | 旅行記  

仕事のはなし。

お久しぶりです!

書いた記事が3回連続で消えたので、ふてくされモード。

一ヶ月ぶりですが、まだ誰か読んでくれてると信じて!!!


海外営業部に本配属になりましたー。

まだまだ職場で緊張しまくり。慣れない。



というのも、予想以上に、自分は英語ができないと気づいたのです!!!!涙

電話対応むずかしい。

折り返しお電話いたしましょうか?って英語でなんていうんだっけ・・・とか

緊急の伝言を何度も聞き直していたら相手に呆れられたとか。

外国語学部卒でいちおう帰国子女なのにこのレベルでごめんなさい・・・・

あああ、周りの視線がイタイ・・・

そして「新入社員、5ヶ国語しゃべれるらしい」という意味不明なデマが回っているという(笑)

とりあえずは自分のペースを掴んで落ち着くこと。

話し方に笑顔と優しさと配慮を折り混ぜて行く事を目標に。



あと、職場でのコミュニケーションもまだまだ足りないなー。

雑談もしないと人の中身が分かってこないです。

みなさん職場の人とどんな会話してますか?
[PR]

by nana4530tor | 2011-05-21 01:00 | 日記。