「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

帰国小ばなし。

先週金曜日に無事、日本に帰ってきました◎
パリからの11時間フライトはあっという間に過ぎ、(調子にのって白ワイン飲んで爆睡しただけですがw)
成田空港に迎えに来てくれたナポリ組のCと、一緒に帰ってきたRのお友達(外大生)と
久しぶりのうどん・そばを堪能し、空港バスで自宅へ帰りました♪
実家ではお土産をお披露目したあと、麒麟ビールで乾杯しましたemoticon-0167-beer.gif



それからはや一週間が過ぎようとしています。
ちょっと風邪を引いたり、体調わるかったりするのでほとんど家から出ていません。

週末はすごいボリュームの朝ご飯にお腹が痛くなりながら、必死に部屋の片づけ。
というか、ゴミ捨てですね。いらないものが多すぎてイタリアから持ってきたものが入らないという。
大学一年のときのイタリア語の授業のノートとか、「もう必要ない!」ことを願うw


月曜日は兄と携帯を買いに行き、ついでにスーパーで買い物。
。。。高いです。日本では一個の値段が、1キロの値段だもんナ。。。イタリアでは。
別便で送っておいた黒オリーブと、日本のセロリツナでスパゲッティを作るも、なんか違う。
水の違いでしょうか?

火曜日はなぜか某エステサロン(T◆C)に脱毛の¥1000体験に行く。10分だけだけど痛かったemoticon-0106-crying.gif
注射針を何回も刺される感じ。もうやりたくないです、、、
久しぶりに電車にも乗りました!8分だけですが。冷房の寒さと車内の広さが懐かしいです^^

水曜はまた体調が悪く、ずっと家で寝ていました。



イタリアから帰ってきて、「うん自分いい方向に変わったんだな」という発見が少し。

節約思考になった。携帯を買っても着メロもインターネットも興味なし。

綺麗好きになった。とくにリビングと台所は。スペイン人の影響??笑

・ネガティブな話題を避けなくなった。気まずい事こそストレートに口に出す。

無理しなくなった。体調悪ければ休む。


そして「悪い方向」にも少し(笑)。


言葉が悪くなった。ほら、日本語って周りを気にせず文句たれるための手段だったし。。。笑

・肌の露出が周りより多い・・・気がするw

・一週間の予定が決められない。というか今日の予定さえ決まらない。


どんな変化でも何となく、嬉しいもんです^^
[PR]

by nana4530tor | 2009-08-27 02:52 | 日記。  

出発の日。

月曜の夜に旅行から帰ってきたばかりですが、今日トリノからパリ経由で日本に向かいますemoticon-0128-hi.gif

家の契約が切れている私は、トリノ留学仲間のRの家にお世話になっていました。
4日にお別れピクニックを済ませて居るので、のんびりと荷造り→買い物に出かける→夜はちょっと何かする。

という日々でした。

火曜日は私の住んでいた家で、スペイン人の同居人がパーティを開いてくれた♪♪
トルティーヤ&ウィンナーのベーコン巻き&サングリア(お酒)&メロンが美味しかった(*^^)
南スペインのセビーリャナスという踊りを教えてもらって一緒に踊るemoticon-0170-ninja.gif
そしてお礼に盆踊りを教えたら、かなり気に入っていました(ビデオ撮ってた。。。w)
ドラえもん&ムーンライト伝説のスペイン語版も合唱。
いつか彼女達に会いに、スペイン行けたらいいな。そしてスペイン語で会話!!w

水曜日は朝から友達と待ち合わせしてショッピング♪
いまイタリアー日本は700ユーロくらいの往復航空券が手に入るらしく、日本語を勉強しているその友達も
「ふらっと日本に行くかもー」と考えて居るそう。
これは、ひょっとして頑張って働けばイタリアにすぐ戻ってこれる??emoticon-0115-inlove.gif
そのあと郵便局に荷物を出しにいき、ヴァレンティーノ公園にある中世村へ。
ここはトリノ版、江戸村みたいなところですね。時代物のコスプレなどが充実しています(笑)
近くからポー川遊覧船も出ていて、最後の思い出に乗って見ました。
20分間、カヌーやボートでにぎわうポー川を堪能^^
そして夜はラザニアを作りました☆初めて作りかたを知りましたw

f0198010_23382784.jpg





今日はサン・カルロ広場のカフェ・トリノで朝エスプレッソ。
テーブルで飲んだら3.1ユーロでした。立ち飲みは0.9ユーロです。なんだこの違い。

これからちょっと最後のお買い物をし、モンテ・デイ・カップッチーノの丘からトリノを眺めて、
空港に向かいます!!!

とりあえず、書いていないことが多すぎるので、
帰国してからも留学中の話が60パーセントになるかと思いますが、ブログは続きますよ!!
[PR]

by nana4530tor | 2009-08-20 17:12 | トリノ生活  

怒涛の6日間をひとりきりのホステルで振り返る。

ホステルの4人部屋を独り占めというラッキーな夜。
ROMAに着いてからの日々を振り返ります。
火曜日の夜から日曜の昼まで、大学の部活友達Aちゃん(通称Eちゃん)がイタリアに旅行に来ていました◎

初☆イタリア、初☆ヨーロッパということで私が案内するぞー!!と張り切る。
しかし自分も良く知らない街を案内するというのは大変だ。道に迷う。食事に迷う。
わかるのは、観光地の値段がいかにぼったくりかということ!笑
(フィレンツェのクーポラ、あんな狭くて暑くて混んでいるのにエレベーターも無いのに8ユーロって。。。)
Eちゃんはこの5日間でひとりでジェラートとグラニータを注文できるようになった。すばらしい^^

<たびの記録>

f0198010_8323852.jpgローマに3泊。
最初の夜は夜のコロッセオを見るために散歩。





次の日は一番のお気に入り、聖ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ教会へ友達を連れて行った後、
おなじくTORINOに留学しているRにガイドをバトンタッチして私はアッシジへ。
3時間の滞在でしたが、アッシジの田舎~な風景と、聖フランチェスコの偉大さを実感して帰ってきました。
フランチェスコ修道会士たちにとっても外せない巡礼地。あちらこちらに黒い衣服の修道し達が。
ROMAから電車で2時間、雑踏を逃れたいい日でした◎
f0198010_8333548.jpgf0198010_8335321.jpgf0198010_8341298.jpg


ローマ最終日はヴァチカン市国、そして真実の口・トラステーヴェレ地区へ!
サンピエトロ大聖堂のクーポラに登るだけで2時間かかってしまった。。。映画「天使と悪魔」の効果?
真実の口は、12世紀ごろの小さな教会の外にありました。
テヴェレ川を越えたトラステーヴェレ地区は、落ち着いたレストランやピッツェリーアが多くて2人のお気に入り。
f0198010_83651.jpgf0198010_8362982.jpg


4日目、ローマからフィレンツェへ移動。
翌日15日が祝日ということを考慮し、急いでドゥオーモ・クーポラ・ヴェッキオ宮を見学。
中央市場の近くのレストランで食事。ウェイターにめっちゃ誘われる。そして友達が乗り気(笑)
赤ワインがおいしいなー^^
f0198010_8424293.jpgf0198010_843387.jpgf0198010_8432424.jpg


f0198010_8444828.jpg

ヴェッキオ宮入り口の注意書き。誰が訳したのでしょう。

5日目、朝からウフィツィ美術館を目指す。8時半から1時間半待ちして入場したころにはクタクタ。
それにもめげずに午後は電車に乗ってPisaへ。
フィレンツェとは違う落ち着いた雰囲気、古めかしい建物に癒される。
Piazza di milacoliにてお決まりの写真を撮る。芝生の緑、斜塔の白、空の青の組み合わせが綺麗。
今日の疲れを癒すために、フィレンツェのステーキ「bistecca」1kgを2人で平らげました。
そしてそのカロリーを消費するため(笑)、アルノ川を越えた丘の上にあるミケランジェロ広場へ。
フィレンツェの夜景はやっぱり綺麗だった。
f0198010_43457.jpg
f0198010_433393.jpgf0198010_451813.jpg

f0198010_454735.jpg



6日目。友達とはお昼でお別れ。サンタ・クローチェ教会まで見送り、私はシエナへのバスに乗り込む。
Eちゃんは夜7時のROMA発の飛行機で帰って行きました。。。
シエナは年2回のパリオ(伝統的な競馬)の日。街はお祭り状態でした。
競技場へと変身したカンポ広場、豪華なファザードと内部装飾のドゥオーモ、
パリオを盛り上げる旗手たちのパレードをみて、
そしてふと思った。

「こんな風にイタリアの文化を楽しめるのもあと4日なんだ。。。」

そんな寂しい気分がこみ上げてしまい、振り切るように予定よりはやくシエナを後にしました。

夜はフィレンツェに留学中の友達KちゃんとApertivo。フィレンツェもトリノに負けないくらい料理が充実してます!
彼女は3月からフィレンツェで留学しているんだけど、大観光都市でイタリア語を勉強するのは
かなり苦労を伴うらしい。まわり、英語や日本語にあふれているからなー(>_<)
でも世界的に有名な遺産たちに囲まれて暮らすのは、やっぱりうらやましい。


そんなこんなで怒涛の6日間。月曜日はパルマで時間をつぶした後、トリノへ帰ります。
一緒に旅行してくれたEちゃん、ありがとう。また日本で会いましょう。



※写真は後日追加される場合があります。(笑)
[PR]

by nana4530tor | 2009-08-17 08:46 | 旅行記  

カンパーニャ州での6日間。

トリノを脱出してもうすぐ1週間。今はローマにいます。
今日の朝までカンパーニャ州はカゼルタ県、サンタ・マリア・カプア・ヴェトレに住む友達の家にお世話になっていました。
その友達と今回行ったのが、カプリ島、アマルフィ、カゼルタです!

f0198010_041943.jpgカプリ島はナポリから船で往復1時間、32ユーロという大変お金のかかる観光地w
島一周の船ツアーにさらに14ユーロはらい、有名な青の洞窟にはいるためにさらに10ユーロ払い。。。
いやしかし綺麗な海と島の景色でした。海にもちょっと入りました^^
f0198010_040319.jpg




アマルフィはナポリから音楽祭で有名なサレルノまで電車(30分でつくはずが各駅停車にのってしまい1時間半かかった。。。)、サレルノからバスで1時間海沿いの山々をうねうねと走ってたどり着きます。
なんでも、日本では織田裕二主演で「アマルフィ」っていう映画が上映中だそうじゃないですか。
「日本人がここで映画撮ったーーーー」というミーハーなテンションだけで行った私達です。
町並みは美しいです。メイン通りからsalita(坂道)を気まぐれに上るのが楽しかったです^^
f0198010_7272833.jpg




f0198010_7313078.jpgカゼルタでもこの映画の音楽シーンの撮影がされたそうで。
王宮とその庭園に行ってきました!いやー、大きい。王宮と庭園をみるだけでまる一日かかってしまします。
金箔の塗られた木像やら、ガラス細工のシャンデリアやら、装飾が面白かったです。

庭は。。。暑くて死にそうでした。近くで山火事があったらしく、ヘリコプターが噴水から水を頂戴していました。
f0198010_729118.jpg




f0198010_734233.jpg月曜日は旅疲れで完全にダウン。夜はカゼルタの旧市街で流れ星を見よう!
と出かけたものの、霧が出てきてしまってダメでした。しかし街はきれいだった^^



今日のお昼にカゼルタ駅で友達とそのお母さんに見送られて出発。
次はいつ会えるんだろう、この一年たくさん会えたのに。。。と考えたら涙がでてきてしまった。
[PR]

by nana4530tor | 2009-08-12 00:42 | 旅行記  

トリノを脱出。

ぜんぜん更新していなくて悔しいのですが、
今日トリノを旅立ちます。いまの家の契約が切れることもあって、
カンパーニャ州とトスカーナ州を回る旅に出ます。
18日にトリノに帰ってきて、20日にトリノから飛行機に乗って、21日に帰国。
昨日は友達12人くらいと最後の挨拶も兼ねて、ピクニックしてきました◎


この家を離れるという実感が全くありません。
トリノに来て11ヶ月。ちょっと違和感があった家の匂いもすっかり「ウチの匂い」だし、
空っぽの部屋を見てもやっぱり「私の部屋」なんですよね。

でもあと1時間。

いやな事も沢山あったし、我慢しなきゃいけないことも沢山あったけど、
私のトリノでの基礎はここ。悩む場所も、新たな出会いも、勉強も、料理も、家族も。
同居人は家族だった。1ヶ月前に来たばっかりのスペイン人の子達も、もう家族。
やっぱり涙が出てくる。
でも帰ってこれる気がしてる。

13年ぶりにイギリスのカーディフに降り立ったときみたいに、
何年も暮らしていたみたいに昔の友達と会って、ご飯食べて出かけて、
懐かしい話して盛り上がって。

だからその日が楽しみであります。


また旅先でブログ更新できたらいいな。。。
イギリスへの里帰り、アオスタ州ハイキング、チンクエテッレ・リベンジなど。
書くことはいっぱいあるのです。
がんばります。
[PR]

by nana4530tor | 2009-08-06 03:12 | トリノ生活  

中欧旅行その3~Slovenia第3夜

先日イギリスに行ってきました。その前はアオスタ州でハイキングとかしてました。
それはさておき中欧旅行のつづき。(2ヶ月前笑)

<6月10日 Ljubljana観光>
3日目にしてやっと市内観光。ヴェネツィアと同じパターンですw
朝は市場に寄ってみました。ハチミツをお土産に買いました。
Torinoの市場と違って、客寄せのために声張り上げてたりしません。
っていうか値段、書いてなかったり。。。張り合う気ZERO.

丘の上のリュブリャーナ城です。
旧市街が見渡せるという塔はずっと工事中らしい。残念。。。
ロープウェーでも登れるけどあえて徒歩でのんびり丘を登りました。
f0198010_252359.jpg


旧市街
f0198010_2351269.jpg


リュブリャーナ第二のイケメン・スーパーのパンコーナーのお兄さん。
ケーキ選びに迷ってる私達を笑顔で見守ってくれたあたり、100点。
スロヴェニアのケーキ達はおいしそうです。

お昼・カレーうどん&ケーキ(誕生日前日なのでemoticon-0123-party.giff0198010_2532122.jpgf0198010_2542543.jpg


午後は現代美術館へ!!と思ったら工事中。。。。
2007年のガイドブックでも工事中だったのに、いつまで工事してんですか。
どんだけ複雑な現代アートつくってるんですかね。
しょうがなく、国立美術館へ。
本当に動き出しそうなくらいリアルな肖像画が印象に残っています。
スロヴェニアの画家は結構好きかもしれない。毒がないかんじ。


ぶらぶらお土産を買いながら旧市街を散歩し、
晩御飯は友達おすすめのイケメン(しつこい)がいるメキシコ料理屋に行きました◎
BUTどれがおすすめのイケメンなのか、眼鏡を忘れた友達には識別できなかったらしい。
しかしながら第三位にランクインすべきウェーターさんを目撃しました、私。
リュブリャーナの男性って、背が高くてわりと細身なところ、しかも目が小さめで控えめな美しさが
きっとわたしのツボにハマっているんだと思う。


夜はガイコツBAR、という趣向の変わったお店へ誕生日前日をお祝いにいきました(*^^)v
っていうか友達が祝ってくれました。おごってくれました◎ありがとう涙
内装、カクテルの名前ともにガイコツだらけ。
めずらしく空いている夜で、店員さんが酔っ払っていました。笑
終始ごきげんな店員さんは、注文をとるときも飲み物をもってくるときも
かならずProsi~m(プロスィ~ム。どうぞ、どういたしまして、の意。)♪とるんるん答えるのでした。
f0198010_2553632.jpg



さ、ガイコツBARで飲みすぎて完全に歩けなくなった。笑
三本橋でベンチに座っていると、中高生くらいの団体がやってきて同じベンチにぎゅうぎゅう座りだした。
ちょ、無理です!押すな!とジロっと見たら、
「お姉さん達なんさーい?」と英語で聞いてきたので
「22歳(スロヴェニア語)」「ventidue(イタリア語)」と答えたら
「え!イタリア語話せるの?ちょっと、みんな、この人イタリア語話せるーーーーー!!!」
と、叫んだwww
f0198010_2562156.jpg
ナポリから来た学校旅行(年齢はバラバラで、たぶん希望者参加型?)の団体だった。
そして私と友達は完全に包囲されました

スロヴェニアで何してるんだーとか、イタリア語なんで話せるんだーとか、
イタリアの印象とか質問攻めにあい、
「イタリア人よりスロヴェニア人の男の方がかっこいいでしょー」と言ったら女子全員に全力で否定されw
「今日誕生日なのー」といったらHappyBirthdayの歌を合唱してくれたw
そして引率の先生も交えて橋の上で踊りだしました。
いやーどこ行っても自由だ、イタリア人。

そんなこんなで日付は変わり、
プルシェーレン広場から帰ろうとしたら、別の団体に絡まれる。
男性グループが、その中の一人の結婚前祝で大盛り上がりです。
「写真とってーーー!」と言われ、撮ってあげる。
そして友達がスロヴェニア語をしゃべれる事が判明すると
「一緒に写真とろーーー」と言われて写真に写るwww
普段おとなしいはずなんだけどスロヴェニア人男性。。。BY友達

結局帰ったのは1時半。
明日は8時40分の電車でブダペストに向かうんですけど。
不安な夜は更ける。。。

次の日はリュブリャーナからハンガリーまでの鉄道でほとんど潰れました。
友達はスロヴェニアの他の都市を観光しに行くらしく、途中でお別れ。

ブタペスト一人旅の記録は次回に続く。。。笑
[PR]

by nana4530tor | 2009-08-06 02:59 | 旅行記