<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

中欧旅行~Slovenia第二夜

もう一ヶ月以上前になってしまったスロヴェニアの記憶その2.

<6月9日 Bled観光>
昨日遅かったにもかかわらず朝9時集合で、Bled湖に向かいます!
でもチケット売り場のおじさんに一本遅いバスを勧められて、
近くの本屋でひまつぶし。私には全く何の話か検討も付かない絵本を、
友達が翻訳してくれました。すごいなースロヴェニア語しゃべれるって^^

Bled湖につくまでにいくつか街を通り過ぎたのですが、なんか雰囲気が長野っぽいかな?
と思ったのですがどうでしょうか?
f0198010_8282925.jpg

Bled湖の目標は、湖の中に浮かぶブレッド島を訪れること!!
f0198010_8302484.jpg


手こぎボートでしか島には渡れないので、行くにはけっこうなお金が。。。(約12ユーロ
友達もBledは何回も来てるけどまだ渡ったことがないらしい。
じゃー行くしかないでしょ!たぶん私が最後のお客さんだし(失礼)
f0198010_8305749.jpgf0198010_8313999.jpg

島から一番遠い対岸から、30~40分かけてどんぶらこ。
ボートからは絶景でございます。美しい景色以外が見えません。
どんなに古いカメラでも良い写真がとれます。きっと。
f0198010_832166.jpg


島の滞在は30分で、メインの見学は聖母被昇天教会。
鳴らせば願いがかなうという、祭壇前の鐘も鳴らしてきました060.gif
いやしかし、Bled湖の水はほんとに綺麗。
とくに島の周りの水はもう、プールなんじゃないの!?ってくらいに
透き通ったブルーです。空より、青いかな?
f0198010_8323883.jpgf0198010_8332165.jpgf0198010_8334859.jpg



島から帰ったあとはBled湖でいちばん有名なホテルのレストランで食事ー。
名物マス料理を味わいました。ほこほこ温かくて、やさしい味。。。
f0198010_8342567.jpg



しかしこんな高級レストランでも、出てくるパンは無料だし、水は買わなくても出してくれるし
サービス料も払わなくていいなんて、なんて親切なんでしょ。


午後はレンタサイクルでマウンテンバイクを借り、
ヴィットガル渓谷まで足を伸ばしました。

マウンテンバイクのサドルが高すぎ&行きは常に坂道、という過酷な状況を乗り越え
(なんで2人の旅はこう、アドベンチャーなんだろうね(笑)
40分ほどで渓谷にたどり着きました。
ここは国立公園になっていて、観光客もけっこういました。
川の流れに沿って進んで行きます
f0198010_8351097.jpg


水の流れる音があっというまに現実から引き離してくれ
f0198010_8355356.jpg


見上げれば木々
f0198010_8365386.jpg


もう寒いよ!というくらいのマイナスイオンシャワー
f0198010_83824.jpg


終盤に現れる滝には虹がかかっていた。
f0198010_8385135.jpg



帰りは下り坂を順調に下り、BledからバスでLjubljanaに帰りました。
晩御飯はスロヴェニア料理のレストランで。
どうやら、リュブリャーナの学生が買える3~4ユーロの前売りクーポンというのがあるらしい。
それを使えばレストランでこんな食事が食べられます。


f0198010_8395183.jpg


f0198010_8404719.jpg      f0198010_8412581.jpg


それでもこの大自然を満喫するために今日使ったお金は60ユーロ強。
スロヴェニアでまさかの大浪費です。
[PR]

by nana4530tor | 2009-07-16 08:46 | 旅行記  

中欧旅行~Slovenia第一夜

ただいま家は同居人&そのお客さん合わせてスペイン人9人というカオス状態です(笑)
しかしスペイン人みんなお洒落だなーー夏のお買い物の参考にさせてもらうわ☆

さて次の旅行に旅立つ前にちゃちゃちゃっと旅行記を書き終えてしまいたいところです。
今回はSlovenia編です。詳しく書きたいので3回に分けます!
キーワードは
イケメン・透明な水・超浪費

<6月8日 VeneziaからVillach,そしてLjubljanaへ>

ヴェネツィアの街を大急ぎで歩いてバスにギリギリセーフで乗り込む!
3時間半、イタリアの山々を抜けていくと・・・オーストリア南部の街Villachフィラッハに到着です。
f0198010_9215831.jpg



いやーオーストリア、ドイツ語の国なんだ!と思いつつ、とりあえずVillach駅でリュブリャーナ行きの電車のチケットを買う。となりの窓口ではイタリア人のおばさんがイタリア語で切符を買っていた。イタリア語も通じるのか~♪
f0198010_9211044.jpg
フィラッハはDrauドラウ川に面した可愛い街でした♪
建物は基本的に低く、壁はパステル色で統一されていて、カフェがたくさん!
f0198010_9231336.jpgf0198010_9234537.jpg
f0198010_924142.jpg中もそうとう美しそうなS.Jacob教会(でもショートパンツだったので入るのは遠慮)のとなりの、
可愛らしいカフェでお昼ごはんの代わりにザッハトルテと紅茶をいただきました!
外の席で食べたのですが、カフェ2階の内装もおしゃれで、ディナーを食べても素敵じゃないかと思いました。



Villachからの電車が1時間遅れて発車したのですが、ちょっと怖いことがありました。
なぜなら、Villach駅に到着した列車が、ホームで30分停車し、連結部分をはずし、同じホームから別方向に発車するのです!
つまり、さっきまで同じ行き先の列車だったのに、半分に分かれて正反対へと向かうのです。
私は電車が到着してすぐ乗ってしまい、そのことに出発時刻まで気付かなかったので、
もし乗る車両が違っていたら。。。とぞぞーー(@_@;)

列車からはオーストリアっぽい家々&牛たちが見え、ああ外国に来たんだなあーと実感。
そして、途中で検札の人の言語が変わったことでスロヴェニア入国を知るのでした。


そして午後7時半にスロヴェニアの首都・リュブリャーナに到着☆
駅で友達と、トルコ旅行ぶりの再会を果たしました♪
(あの冒険旅行からもう4ヶ月か。。。)
f0198010_9262390.jpgいきなり普通に現れる「街で一番の大通り」。はい、もう友達のその言い方がかなり自虐的です(笑)
その通りにあるホステルに荷物をいったん置き、おでかけすることに。



f0198010_9283391.jpg

詩人・プルシェーレンの像があるプルシェーレン広場。


この像の向かいに建つこのアパートメントに想い人が住んでいたとか。
f0198010_9291186.jpg



f0198010_9301094.jpg三本橋という有名な橋の近くでストリートミュージシャンの歌声に足をとめつつ
(リュブリャーナでは珍しい人だかり=かなり人を魅了している→後で再び通った際ににCD購入。)

f0198010_9305035.jpg今夜の晩御飯はKEBABです!
三角パンに挟んだ形で、ボリュームたっぷりでおいしーい(^-^)
しかし店の外にはSlovenia名産のハチミツの元、
みつばちが大量。こわいです。


その後はライトアップされた川沿いのカフェ「SolistSolist」でUNIONというビールを頂く。
カフェのメニュー料金がなんとも親切です、スロヴェニア。ビール2.5ユーロとか。。。
f0198010_9315771.jpg音楽もかなり良いテイスト♪そしてここ、
この留学中で一番かっこいいとおもったイケメンが働いています!!
会計のときに判明したのですが、日本語を勉強しているらしいです。
でもそれ以上、スロヴェニア語がしゃべれない私には会話を進めることができませんでした。。。
ここは残りの留学期間で、ぜひ友達に頑張ってもらいたいものです。(何を
[PR]

by nana4530tor | 2009-07-11 09:34 | 旅行記  

中欧旅行その1~Venezia&Trieste

自律神経失調症な気がします。
夜パソコンで作業すると目がゴロゴロして眠れません。
そして長時間PCの画面を見るとすこし息苦しくなります。

というわけで最近、お昼にPCを開くことが多いです。
ブログもできるだけ時間をかけずに更新=写真のアップ少なめで。
と、先に断った上で1ヶ月も経ってしまった6月の中欧旅行日記をUPしまーす◎

<6月5日、トリノからヴェネツィアへ>

午後2時にTorino発の電車ユーロスターにのってVeneziaへ向かう。
何だかんだで電車が遅れ、午後7時にやっとSantaLucia駅へ到着☆
ホームまで友達+@が迎えにきてくれていましたー(^-^)
今回は彼女のおうちに3泊させてもらいました、ありがとう♪

まだ空も明るいので、いったん荷物を置いてから、ぶらぶらしつつ晩御飯を食べにいくことに!
ヴェネツィアの第一印象は「水がある!」「橋多い!」「道せまーい!」
なんというか、かくれんぼとか肝だめしとか絶対に楽しそう♪w
晩御飯はfondamenta(運河沿いの道)di misericordiaにあるレストランで。
 注:ヴェネツィアでは道のことをvia,strada,corsoとは呼ばず、calle,ramo,fondamenta,sotto-portego,corte,rivaなどど呼びます。ちなみに広場はほとんどが「カンポcampo」だそうで、ピアッツァpiazzaと呼ばれるのはサン・マルコ広場ぐらい。
店内にはボート大会の写真が沢山貼ってあります。メニューの英語表記がひどすぎてみんなで笑った。。。(@_@;)
観光地なので物価が高いヴェネツィア。わりと普通の値段かなーと思っても、出てきた料理の皿の小ささに驚いたり。しかし、イカ墨スパゲティー&牛レバーfegatoとたまねぎの炒め&魚介のフリットは美味しかった。

その後はどこを歩いているのか全然わからないまま友達についていき、
夜のサン・マルコ広場、リアルト橋付近の野外ディスコをみました。
初日から深夜1時半帰り。。。夜更かししすぎですw
f0198010_2130242.jpg
f0198010_2131689.jpg




<6月6日 ヴェネツィアからトリエステへ日帰り観光>
昨日遊び過ぎたこともあり、遅めの出発。
12時の電車にのってトリエステへ向かいました◎
ここでヴェネツィアで勉強しているもう一人の友達とも再開♪♪10ヶ月ぶりの再会で、
電車のなかでは積もる話をたっくさんしました(^-^)

トリエステはイタリア最東端、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州の街です◎
リグリア州のヴェンティミーリアと合わせて、西と東を制覇☆
海に面した崖の上にあるミラマーレ城を訪れました。
いやしかし、トリエステ、風が強い!!
ミラマーレ城の周りは突風が吹き荒れ、美しい公園の風景とは裏腹に、まっすぐ立つのも困難な状況(>_<)
カモメも風に流されていましたよ!!

その後はトリエステ市の丘の上にあるサン・ジュスト聖堂へ。
モザイク画がラメがかっていて、イタリアの教会のなかでは独特だと思いました!
しかし、この聖堂に来るまでの階段数はやばかった。。。。

よくわからないけどトリエステでは「here comes MARS」とかなんとか書いてあるTシャツや、横断幕をぶら下げて歩いている集団を良く見かけました。
それ以降、わたし達は止まっている集団をみかけるたび「火星を呼んでいるんだ」とか言ってましたw

帰りの電車に間に合わなそうだったので、イタリア統一広場などはさらーーーっと見て終了。
ヴェネツィアに帰ってから、友達の作ってくれたパスタとチョコサラミで晩御飯☆
f0198010_2132096.jpg
f0198010_21322573.jpg



<6月7日 ヴェネツィア観光>
着いて3日目にしてようやくヴェネツィア観光です。笑
とにかく時間がないので、本島だけに絞って見学する事に。

コースは
サン・マルコ広場⇒サン・ロッコ信徒会⇒カルミニ教会(閉まってた)⇒聖マリア・サルーテ教会⇒聖ジョルジョ・マッジョーレ教会⇒カフェNiko

途中に何度もアクセサリーを買いながら観光☆ヴェネツィアグラスはお金をバンバン使わせる魔物ですw
昼のサン・マルコ広場はカフェ内で音楽隊が演奏していたり、雰囲気が気に入りました^^
サン・ロッコ教会の大広間。。。やっぱり良かった。商人のギルド(組合)も関係していたらしく、壁には職人たいの木彫りの像で装飾されて居ましたよ。

船に乗らずにいるのももったいないので、ヴァポレットに乗って、サン・マルコ広場の向かい「サン・ジョルジョ・マッジョーレ島」まで渡ってみました。
乗り心地は。。。。。2駅くらいなら余裕?これを通学に使っている学生はすごいな。。。
教会の鐘楼に登ると、ヴェネツィア本島が見渡せます。
しかし強風のため、写真をとるにもスカートのめくれぐあいが危険で大変でした(笑)

f0198010_21341742.jpg本島に戻った後はNikoというカフェで、ジャンドゥイオットGianduiotto(生クリームの中にチョコレートアイスを沈ませたもの)を頂きました。あ、甘い。。。。


晩御飯のあとはオススメの心霊スポットをめぐり、(ヴェネツィアの夜のうす暗い感じがまさにホラー♪)
またまた1時過ぎに帰宅。
友達の睡眠時間を削ってばかりで、申し訳ない。。。m(__)m
f0198010_2133348.jpg

ヴェネツィアで驚いた事は、お土産屋さんが深夜・日曜も開いていること!!
イタリアで唯一、お金を稼ぐ方法をわかっていらっしゃる街です(笑)
トリノのお店も日曜働こうよーーーー><

[PR]

by nana4530tor | 2009-07-06 21:20 | 旅行記  

ブログペット

私のブログペットのミクラちゃんが、よくわからないけど面白い文章を言うようになりました。
たまに俳句も作ります。
ミクラにカーソルを合わせてクリックしてみてください^^
[PR]

by nana4530tor | 2009-07-04 07:46 | トリノ生活  

新同居人はデキル。

7月です!留学もあと1ヶ月半。。。親に連絡したら
「え、じゃああんたの部屋片づけなきゃ」
だそうです。どうやらこの1年、両親の書斎と化していた模様w

さて、また更新していない間にいろいろなことが起きました。

6月最終週にはナポリから友達が2人来て、ローマからも1人来て、
5人でリグリア州はチンクエテッレに行ってきました☆
海に行ったはずなのになぜかビーチのあるMonteRossoに行かなかったという大ミス!
(そのほかの4つの村は全てまわった)
まあでも、水着ビーサンで挑んだ険しいハイキングコースも楽しかったですよ♪
f0198010_7373714.jpg
f0198010_738534.jpg



ここの名物?カルトッチョのスパゲッティ。
ホイルに包んで蒸すので魚介の香りいっぱいー♪「チンクエテッレ」という甘口白ワインとともに。



そしてそして、6月30日に新しい同居人、スペイン人の女の子が3人来ました!!
「スペイン人」と聞いて、どんだけハチャメチャで家事のできない子達がくるんだろう・・・と身構えていたのですが
(チンクエテッレでもこの話題で盛り上がった)



この同居人たち、デキル。



とりあえず全員綺麗好き。
到着してすぐに掃除用具を買いに行って部屋の大そうじ。
(えっとー、私も先週そうじしたんですけどあなた達の部屋。。。)
そして次の日はキッチンを隅から隅まで大そうじ。
  (その後「台所が汚かったからそうじしといた♪」と笑顔でダメ出しされました)
夕食を作った後は毎回キッチンを掃除していて
  (そうじ当番、あるんだけどな・・・)
料理も相当手際が良い。
  (もうオーブン使って料理してるよー(@_@)

医学部の学生らしい。3ヶ月、病院付属の学校で研修らしい。


「綺麗好き・美人・料理できる・頭も良い」
ということで、今のところ私が勝てるのはイタリア語だけ(笑)



いやー今まで「自分がこの家で一番家事ができる」と自負していただけにショックは大きい(>_<)
ま、イギリス人たちがいたときは「いかに不快レベルを下げるか」が焦点だったので
日本で生活するには不十分かも、、、とは思っていたんですけどね。
というわけで残り一ヶ月、彼女達に負けずさらに精進したいと思います!!
[PR]

by nana4530tor | 2009-07-04 07:41 | トリノ生活