カテゴリ:旅行記( 55 )

 

ドライブ旅行♪

更新するする言って全然できていない今日この頃。

この土日で群馬へドライブしてきました♪

ご報告してなかったですかね。免許とりました。

初ロングドライブです。

心配で心配で後ろからこっそり車でついてきそう(笑)な父を振り切り、

まずは大学のサークル友達(社会人)を埼玉県内で拾い、

館林市ちかくに住んでいる別の友人(社会人)の家まで遊びに行きました。


一時不停止で群馬県警につかまるというテンション急降下な出来事があったものの(涙笑)

2時間かけて館林の友人宅に着き、その子の車で伊香保温泉まで遠出♪

有名な割りには小さい温泉街でとっても楽しかったです!!

紅葉は残念ながらしてませんでした。

365段の石段を登った上に神社があり、その先に露天風呂があります(*^_^*)

ぬるめのお湯で長ーくつかってられました♪


5時半ごろに帰途についたのですが
友達のナイスな思いつきで、ブラジル人居住比率の高さ(17パーセント)で有名な大泉町で
ブラジル気分を味わいながらディナーすることに。


ポルトガル語でしか書かれていないお店がズラっと並んだメインストリート。
ブラジル人経営のパン屋さんで朝食を調達したのですが
ほんと外国って感じでした。店内のテレビもポルトガル語のドラマやってたり・・・
パン以外に売っているハムやらお菓子やらジュースもブラジル製のみ。
っていうか店員の9割ブラジル人。笑
初めて来たと言ったらコーヒーを振舞ってくれたことに感動♪


さてディナーですが、ブラジル料理店(PRIMAVERAという名前)で2人前の盛り合わせを注文したら
量おおい・・・(というか肉のオンパレード)
お昼は温泉街の豆腐専門店でやさしいランチを食べたんですけどねーー
3人でも食べきれずお持ち帰りしました。(笑)

夜は日曜日に誕生日を迎える友人を盛大にお祝い。


次の日は栃木の佐野市へ、有名な佐野ラーメンを食べに行きました!

栄華というお店です。

佐野ラーメンはあっさり醤油味&平たい縮れ麺でとっても美味しかったです!

帰りは3時間くらいかけて別ルートで埼玉へ帰宅。

しばらく長距離はこりごりって感じですがドライブ楽しかったです。
[PR]

by nana4530tor | 2010-10-04 01:08 | 旅行記  

いまさら中欧旅行記~ラスト

通訳案内士試験、歴史と地理でコケてしまってちょっと一次通過は難しそうです。
イタリア語もなんだかんだ難しかった!政治用語が特に・・・。
あんまり勉強してませんでしたが(笑)、
特に地理とイタリア語は自分のためになったな、という感じです。
これから国内旅行がちょっと楽しくなりそう♪


さて!予告していた通り、約1年と3ヶ月前の中欧旅行日記を終わらせますよ!

バースデー旅行と称してヴェネツィア→オーストリア→スロヴェニア→ハンガリーを巡る旅。
最終日の模様をお届けします。

<2009年6月13日>
f0198010_1923116.jpg



前の日はブダペストのブダ側を観光したんですが→過去日記参照。
まだ行かずに残っていたゲッレールトの丘を目指す。朝でまだ元気だったので、歩いてエルゼベット橋(1926年まで世界最長のつり橋だったらしい)を渡ると
滝をバックにした青銅像が・・・誰?
f0198010_19183087.jpg
ガイドブックによると、聖ゲッレールトという神父だそうな。
11世紀に反キリスト教の者たちによって、中に釘が打たれた樽に入れられ、
この場所からドナウ川へ突き落とされたそうな。うううむごいよ。
その滝の下からのびている階段が

丘へと登る道。
やたら分かれ道が出現しますが、常に左を選ぶのが正解。
頂上へ向かう階段はかなり体力使います。20分くらい。
f0198010_19342012.jpg


f0198010_19515184.jpg
お昼ごはんにと作ったサンドを早速食べちった。
丘の上のモニュメントは平和がテーマ??
羽を掲げた男の像、とおもっていたらヤシの葉を持った女性像だそうな。


またまた20分かけて丘を下り、173番バスに乗ってペスト側Astoriaへ。
バスはアナウンスに加えて次の停留所、そこで乗り換えられるメトロ・トラム・バスのナンバーまで電光掲示で教えてくれるという便利っぷり。
優しすぎる!!
f0198010_23551254.jpgシナゴーグに着いてみるもまさかのCHIUSO!wwwがびーーーん。
しょうがないので次のお目当て・聖イシュトヴァン聖堂へ。周りはかなりヨーロピアンなビジネス街って感じです。

ついでに今晩つかう空港行きのバス停をチェックし、そこへいくための深夜バス№もチェック!
f0198010_2356457.jpg聖イシュトヴァン聖堂の中は黄金というより黄色。
f0198010_23573051.jpgステンドグラスもきれいです。

初代国王の聖イシュトヴァンの聖なる右手のミイラがございます。怖いです。
クーポラにも登ってみました。今日は高いところに登ってばっかりだー。
市内が一望できる。
f0198010_2358040.jpg

その後、音楽家のリスト広場、オペラ劇場前をぷらっと散歩して英雄広場へ。
市民公園の入り口にあるのが英雄広場で、ものすごく広いスペースを
国に貢献した人々の像がぐるっと囲う感じになってます。ちなみに両脇には美術館があります。
f0198010_012815.jpg
f0198010_021153.jpgf0198010_022368.jpg

市民公園をぶらぶらしてたら結婚式を目撃したりと、ほほえましいひとときでした。
しかし、日差しが強くてさすがに疲れた。午後3時。

おしゃれなUtca通りにあるAnna Cafeで美味しいムースケーキと紅茶で有り金を使い果たす。(笑)f0198010_03446.jpg


そしてトラムに乗り、ホステルに帰って来ちゃいました。午後5時。

今日は部屋を替わる予定だったんですが、イタリア人の団体が来て、
そのうち一人がダブルルームを予約してしまったらしく、
私がその部屋を一人で使わせてもらえることに♪
インド部屋並にかわいいぞ(*^_^*)
f0198010_033574.jpg
この日は8時就寝。朝3時にホステルを出て深夜バスに乗り込み
(わたしは3日間フリーパスを持っていたので問題なく乗車しましたが、検札員が2人もいて厳重チェックです。)
4時の空港行きバスに乗り込み、ブタペストを後にします。
空港に着く直前に朝焼けが見れてカンドー★

というわけで長かった中欧旅行は大満足な内容でした!
今度はスロバキアやルーマニアにも行って見たい!!
[PR]

by nana4530tor | 2010-08-31 20:08 | 旅行記  

長野で合宿。

まだまだ暑さが続きそうですね。
ある猛暑の夏を舞台にしたホラー小説
「屍鬼」(小野不由美、2002年、新潮社)
を借りて読みました。
めっさ怖いです。
怖すぎてドンドン続き読んじゃうってやつ。もう読み終わるまで寝れません。
最近漫画になってアニメ化されてるらしい・・・
深夜に小出しにされたら次の週まで安眠できないよw

先週、長野の戸隠(とがくし)で3日間、茶道部の合宿しました!
築山館というお宿に泊まったのですが、5年間の中でかれこれ3回目です。
長野は涼しくて練習しやすい!というのが私の過去2回の印象。
しかーし今年は違った。
長野・・・蒸し暑い!
いちおう高原なんですけど・・・避暑地ですけど・・・暑かった

今年は一年生の参加者が多い(13人!)ということで貸し切りバス。
行きはお盆の混雑もあって5時間かかった!

一日目の夕食後は夜練習ではなく茶杓づくり。
私は短くて角度の小さいものを作りました!
(写真は加工前。ここから小刀で削っていくのです)
f0198010_039424.jpg



f0198010_0352180.jpg二日目は朝、先生を含む4人で戸隠神社に散歩に行ってみました。
この日は浴衣で練習。歩きにくかったりしますが洋服よりしゃきっとします☆



f0198010_0355259.jpg夕食後に1時間半練習してから花火をやりました。
花火のときにロウソクが足にかかって火傷したのはご愛嬌ですw
その後は宴会♪3テーブルに別れてしまいましたが楽しかったです◎



三日目は朝2時間練習して、帰り支度。
一年生はみんなお点前出来るようになったのかしら・・・
五年生としてとして全体を見守るのが目標だったんだけどなー。
そんな余裕もなくひたすら目の前の後輩を教えてました。

自分が教わった先輩たちに、いつまで経っても近づけないのは何でだろ?
同じ人間じゃないから当たり前なんだけどね。
外見も違うし、性格も違う。
私はわたしなりに成長するしかないんだ。


部員の留学生2人がもうすぐ帰国ということで、
解散前に色紙とプレゼントを渡しました。
2人とも勉強熱心で、御免状も取得する腕前になっておりました。
国に帰ってからも茶道のこと忘れないでほしいな。
[PR]

by nana4530tor | 2010-08-18 00:41 | 旅行記  

秩父にて

ゴールデンウィークですね。
GWって書いたら就活中の友人に「グループワーク?」って聞かれました。
4年生のみんな、就活用語を日常に持ち込んではいかん。ESとかね。

わたしのゴールデンウィーク初おでかけは秩父です。

芝桜の丘にいってきました。埼玉県・秩父市の羊山公園にあります。

最寄は西武秩父線の横瀬駅。駅から徒歩20分くらい。
(特急の停まる西武秩父駅からも行けますが超急な坂が続くので、
サンダルとかブーツの人は各駅停車に乗り横瀬駅下車をおすすめ。)

先週やっと満開になったそうです。

f0198010_2123075.jpg


ピンクや白や紫は近くでみるとこうなってます。

f0198010_2133293.jpg
f0198010_2151345.jpg
f0198010_2144671.jpg

f0198010_2153634.jpg


全部で何種類あるんだろう。。。人が多すぎて近くで見れなかったのもあります。

近くでは秩父物産市もやってました。
屋台みたいな感じです。
「おっきりこみ」「味噌ポテト」「秩父そば」「焼きまんじゅう」・・・・

焼きまんじゅう!!!!!!
f0198010_222430.jpg


群馬&北埼玉の定番品がなぜここに。
八高線効果???
焼きたてふわふわで美味しかったです♪

帰りは西武秩父駅から帰りましたが
秩父ハイキングをした人々&芝桜見学の人々で西武線はずっと満員でした。
さすが埼玉唯一のリゾート。笑
[PR]

by nana4530tor | 2010-05-04 02:28 | 旅行記  

神戸

面接で行った神戸。高2の3月に修学旅行で行ったきり、ちょうど5年ぶりです!!
ナポリに留学していた他大学の友達と合流して、ちゃっかりエンジョイしてきました。
(同じく関西にいるはずのトリノ組に連絡とるの忘れて、ちょっと残念)

面接はというと、アピールチャンス逃しまくってしまい。。。憂さ晴らし!
あーでも神戸で働きたい!住みたい!

海まできてみた(寒い)
メリケンパークのモアイ像。。。と思ったら、海援隊なのね。
f0198010_1332675.jpg

f0198010_137922.jpg
f0198010_1372523.jpg




三宮ちかくのおしゃれなファッションビル。
f0198010_1391082.jpg


そして神戸と言えば洋菓子、ケーキ、チョコレート
f0198010_1395854.jpg
f0198010_140139.jpg
♪♪

おみやげに買った神戸巻(ロール)。
f0198010_1421117.jpg


そんなこんなで、面接があった企業からの返事はまだですが、
来週ついに初の最終面接があります。ここまで進んだからには落としたくない!
[PR]

by nana4530tor | 2010-03-27 01:44 | 旅行記  

山形スキー合宿

先週末は山形は蔵王にスキーしに行ってきました☆彡

メンバーは私の所属するゼミの教授+大学院の先輩2名+私。

2泊3日で、2日目は丸々スキーに費やし、
1日目は温泉めぐり、3日は温泉街探検しました◎

蔵王のバスターミナルで到着早々「ひっぱりうどん祭り」なるものに遭遇!
f0198010_156327.jpg


具は納豆とねぎとサバ。お昼食べたあとだったので結構なボリューム感。


温泉めぐりは、共同浴場を回りました!脱衣所とお風呂だけの簡単なつくりで、
入浴料もほぼタダでございます。
(一応、泊まった旅館で入浴券みたいのをもらうので、それをボックスに入れる)
f0198010_245486.jpg

かなり山の上の方にある上湯はかなり熱く、脚までで断念。。。笑
もちょっと下にある「かわらゆ」はちょうど良い熱さでした◎


f0198010_2454910.jpg

この日食べた夕食。地鶏鍋。
とーーーっても美味しかったのですが、量がハンパないです。肉も確実に1キロありました。
私以外の方々がかなり頑張って消費してましたが、
わたしはデザートを眺めながらつくった別腹に押し込んでた感じですw


2日目はスキー☆彡
教授以外はみんなほぼ初心者とゆーことで、3人でスキースクールに入る。
スキーするのは10年ぶり、中学校のスキー林間学校以来です。
f0198010_247365.jpg

f0198010_247557.jpg

雪国出身の先輩はスルスルと上達しちゃうんですよー、感覚の違いでしょうか。
スクール終了後は先生と一緒にかなり上級コース滑ってました☆
私ともう一方の先輩は、ロープウェーの駅周辺で遊んでました。
スキーコースに樹氷が残っていなかったのが非常に残念。


この日の夕食はしゃぶしゃぶ。昨日に比べたら適度なボリュームw
鯛の兜揚げが美味しかった。
夕食後にビールやらずんだ団子を頂く余裕までありました(*^_^*)
f0198010_2484080.jpg



3日目は、11時にバスターミナルに向かう予定だったので慌しくなりました。
10時から一時間弱、温泉街探検してきました。
f0198010_2264890.jpg


出発間際にスーツに着替え、3日間で初めて新聞を読むw
ええ、この日は東京帰ってそのまま面接向かいましたわたし。

山形駅では名物の芋煮を頂きました。
f0198010_2282448.jpg



この日、すごい寒波が来ました、日本に。
南下しているはずなのに、新幹線の外の雪がどんどん激しくなっている様を見ました(゜o゜)


今回10年ぶりのスキーだったのですが
もっと上達したい!滑りたい!と思いました☆彡
そしてスノボは絶対一生やるまいと誓いました。。。笑

面接も無事、通過しました。
スキーがいい息抜きになったのかな。
[PR]

by nana4530tor | 2010-03-14 02:51 | 旅行記  

ブダペスト旅行記。その二

「いまさら中欧旅行記」再開です。
2009年6月12日を振り返ってみよーう。




ブダペスト2日目。
きょうの目的地はブダ地区。この中欧旅行で一番行動した日でした!
やっぱり、はずせないのは。。。
温泉 と フォークロアショー鑑賞!!
とにかく物価がバンバン上がっているので、ガイドブックは参考程度にしかならないけど、
この2つを果たすため節約、節約☆


ホステルの朝ごはんはトルコ風。パンが食パンなだけで、後はほとんど同じです。
朝から中央市場へ!
f0198010_23471017.jpg



f0198010_2348250.jpg1階は食料品、2階は軽めのレストランと民芸品店で賑わっています。
民芸品はどれも可愛くて、ぜんぶほしーーーい!!という感じ。
でも帰りは飛行機。最低限だけしか買えません><
パンや揚げ物、これから2日間の食料を調達♪名産のパプリカの粉末も。
(ひとり旅だから、ついケチっちゃうのよね。)
ちなみに市場内の両替所はレートがよいです。50ユーロが20000Ftでした☆



ホステルへ荷物を置きに一旦帰り、ブダペスト初☆トラムに乗りました。
Octagon広場ちかくのインフォメーションで情報をいろいろget。
バスの地図などは役に立ちます。


その後、ドナウ川をトラムで渡って、ブダ側北部へ。目指すはルカーチ温泉
(利用料2500Ft)
病院が併設されているだけあって、市民がいっぱい。
受付に英語ができる人がいない。
そこに呼ばれてきたアルバイト風の女の子2人。英語通じるー^^
荷物置き場や水泳帽の借り方、更衣室まで丁寧に教えてくれました。
しかし更衣室からは屋外のプールしか見えず、

「温泉はどこーー!?わたし室内HOT WATERに入りたいんだけど!!」と駄々をこねた私(笑)

みかねたお姉さんたちが室内温泉施設まで連れて行ってくれました。。。ほっ。
中には40度のお風呂と、36度、32度、24度のお風呂、トルコ式サウナがありましたよー(*^。^*)
若い女性が少なくて恥ずかしかったけど、10ヶ月ぶりにお風呂につかれて、
とーーーーっても幸せ!大満足。イオウのにおいも懐かしい。



f0198010_23493349.jpg
1時間半後、温泉をあとにして川沿い散歩しました。
ブダ側からは川を挟んでゴージャスな国会議事堂を拝めます。
地下鉄とバスを乗り継いで、王宮の丘、最北の城門へ。





f0198010_23502485.jpg
王宮の丘は、公園みたいな感じ?と思っていたら、街でした。
城壁のなかにホテル、レストラン、御土産屋。。。バスも車もタクシーも乗り込んでいて
高級住宅街って感じ。

写真スポットの漁夫の砦(写真)



f0198010_23522224.jpg残念ながら外側が改装中のマチャーシュー教会。(入場料480Ft)
元はモスクだったこともあり、柱や天井の模様がユニークで可愛いです。
ハート型?
祭壇画「IMAR王子の一生」の王子がイケメンです。



丘の一番南側にあるのは、王宮(国立美術館)。
ガイドブックには入場無料となっていたけど、
800フォリントになっていました。
「私はイタリアの学生」といってEU学生割引にしてもらい、半額に。(笑)

この美術館、個人的にかなりお気に入り
17~20世紀のハンガリー絵画のコレクションです。
絵と絵の間隔がすごくナチュラルで、順路もなく落ち着ける。
ハンガリーの現代アート、好きです。
クーポラにも登れ、ドナウ川とペスト地区が望めます。
カメラマン夫婦にシャッター押してもらいました。
f0198010_23535730.jpg

王宮の丘を跡にし、Bathyyany駅でお昼兼おやつ。クレープを食べました。

ここで残金は2000Ftになり、夜のショーを見に行くか迷う。
しかし、これはバースデー旅行じゃないか。。。
クレジットカードもある!よし、予約しに行こう!!
と、くさり橋を渡って劇場に行って見ました。
そしたら安い学生席(1600Ft)がまだ残ってた(*^_^*)

急いで宿に戻り、ちょっとエレガントに着替え、朝調達した食料をほおばり、
劇場・ドナウパレスDuna Palotaへ。
幸い2階席はガラガラで、ワンランク上の席で見れました♪
f0198010_23553957.jpg
フォークロアでは、バイオリンリーダーが指揮の役割も果たすんだ。
なのにあんな速いテンポで超絶技巧ができるとは。。。おどろき。みんなよくついていけるな。
(素人目線。)



ダンサーは可愛い&イケメン。やっぱり私、中欧・東欧の顔が好みなのね(笑)
ハンガリーの衣装。。。可愛い♪♪
レースの衣装、おみやげに欲しくなりますね。
ダンスの合間に入る掛け声も好き。結婚をテーマにした踊りが多くて面白かった。
女「しっかりしてよ!そんなんじゃ別れる!」
男「だって俺モテるから、しょーがないじゃん」
といった感じで、振りも表情も豊かでした。

夜7時開演の11時半終了。

ブダペスト旅行記その3につづく。
[PR]

by nana4530tor | 2010-01-03 23:59 | 旅行記  

ブダペスト旅行記。その一

お待たせいたしました。6月以降の旅行記を再開します☆彡

前回の日記ではスロヴェニアの首都リュブリャーナで誕生日を前祝いしたところまで書きました。
今回はその後、ハンガリーの首都ブダペストでどのような一人バースデー067.gifを過ごしたか、
について書いていきまーす。

6月11日。
8時にHostelをチェックアウトして、東欧名物(?)の惣菜パンBREKブレックを買い、
時間ぎりぎりで列車に間に合いました。
スロヴェニア留学中の友達も、同じ電車でスロヴェニア北部の町に日帰り観光に行くということで、
12時までは一緒に列車の旅になりました(^。^)次に会うのは日本かな?
友達が途中の駅で降りてしまった後、ブダペスト行きの電車はお客さんも少なくて静か。
いつハンガリーに入ったかも分からず。。。
リュブリャーナを出発してから9時間後、やっとこさBudapest Deli駅に到着しました。
駅名の看板がないので間違ったところで下車しないように注意です。


ブダペストの基本情報についてお話を。
市内はドナウ川によって東西に二分されており、
西側がブダ地区という王宮地区。丘になっています。
東側はペスト地区という平地で、ショッピングや劇場・レストラン関係はこっちがメインです。
deli駅はブダ側にある唯一の国際鉄道駅なのです。



駅について、とりあえずユーロを両替。50ユーロ→14000フォリント(Ft)に。
ハンガリーはここ数年でめまぐるしく物価が上がっているらしく、はやくも誤算。
ガイドブックに比べてかなり値上がりした公共交通の3日パス=3700Ftに、ちょいひるむ。(でも買う)
乗り換えや区間によって切符が細かく分けられているので、パスじゃないと不安なのです。
毎駅のように検察員がひとりひとりの切符をチェックしているし。厳しいです!

f0198010_18454847.jpgホステルは、インテリアが素敵なところを選んだここです。ペスト地区にある。
入り口から部屋の隅々までアジア&インド風。
隣のベッドとの距離が近くて、プライバシーがない感じもしましたが。。。
レセプションの女の子が可愛いくて話好き。
トリノにいる日本人の友人の同居人にそっくりで、他人な感じがしません。
3泊で35ユーロ。


f0198010_18464459.jpg夜8時、とりあえずディナーのために出かけます。雨が降っていて迷いまくりましたが、
ヴァーシー通りのfataal(ファタール)というハンガリー料理屋さんに入れました。
ハンガリー名物のスープとビールを注文。1470Ftでした。7ユーロくらいですね。


スロヴェニアで予想外にお金を使ってしまったので、ハンガリーではこれが最初で最後のレストラン(笑)
まあ、ダイエットと思ってがんばります。。。涙


お店を出てみたら雨がやんでいたので、ドナウ川沿いに橋を3つ歩いてめぐってみました。
意外と歩けるブダペスト!トラムやバスがたくさん通っていて便利だけど、歩くのも気持ちいい。
f0198010_18472599.jpgf0198010_18474463.jpg
エリザベート橋(左)と、
くさり橋(中央)。


雨上がりのおいしい空気と、綺麗にライトアップされた橋たちを堪能して、誕生日はおわり。
11時くらいに地下鉄に乗ってホステルに帰りましたとさ。

次回は怒涛のブダペスト・2日目です。お楽しみに。
[PR]

by nana4530tor | 2009-10-10 18:53 | 旅行記  

怒涛の6日間をひとりきりのホステルで振り返る。

ホステルの4人部屋を独り占めというラッキーな夜。
ROMAに着いてからの日々を振り返ります。
火曜日の夜から日曜の昼まで、大学の部活友達Aちゃん(通称Eちゃん)がイタリアに旅行に来ていました◎

初☆イタリア、初☆ヨーロッパということで私が案内するぞー!!と張り切る。
しかし自分も良く知らない街を案内するというのは大変だ。道に迷う。食事に迷う。
わかるのは、観光地の値段がいかにぼったくりかということ!笑
(フィレンツェのクーポラ、あんな狭くて暑くて混んでいるのにエレベーターも無いのに8ユーロって。。。)
Eちゃんはこの5日間でひとりでジェラートとグラニータを注文できるようになった。すばらしい^^

<たびの記録>

f0198010_8323852.jpgローマに3泊。
最初の夜は夜のコロッセオを見るために散歩。





次の日は一番のお気に入り、聖ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ教会へ友達を連れて行った後、
おなじくTORINOに留学しているRにガイドをバトンタッチして私はアッシジへ。
3時間の滞在でしたが、アッシジの田舎~な風景と、聖フランチェスコの偉大さを実感して帰ってきました。
フランチェスコ修道会士たちにとっても外せない巡礼地。あちらこちらに黒い衣服の修道し達が。
ROMAから電車で2時間、雑踏を逃れたいい日でした◎
f0198010_8333548.jpgf0198010_8335321.jpgf0198010_8341298.jpg


ローマ最終日はヴァチカン市国、そして真実の口・トラステーヴェレ地区へ!
サンピエトロ大聖堂のクーポラに登るだけで2時間かかってしまった。。。映画「天使と悪魔」の効果?
真実の口は、12世紀ごろの小さな教会の外にありました。
テヴェレ川を越えたトラステーヴェレ地区は、落ち着いたレストランやピッツェリーアが多くて2人のお気に入り。
f0198010_83651.jpgf0198010_8362982.jpg


4日目、ローマからフィレンツェへ移動。
翌日15日が祝日ということを考慮し、急いでドゥオーモ・クーポラ・ヴェッキオ宮を見学。
中央市場の近くのレストランで食事。ウェイターにめっちゃ誘われる。そして友達が乗り気(笑)
赤ワインがおいしいなー^^
f0198010_8424293.jpgf0198010_843387.jpgf0198010_8432424.jpg


f0198010_8444828.jpg

ヴェッキオ宮入り口の注意書き。誰が訳したのでしょう。

5日目、朝からウフィツィ美術館を目指す。8時半から1時間半待ちして入場したころにはクタクタ。
それにもめげずに午後は電車に乗ってPisaへ。
フィレンツェとは違う落ち着いた雰囲気、古めかしい建物に癒される。
Piazza di milacoliにてお決まりの写真を撮る。芝生の緑、斜塔の白、空の青の組み合わせが綺麗。
今日の疲れを癒すために、フィレンツェのステーキ「bistecca」1kgを2人で平らげました。
そしてそのカロリーを消費するため(笑)、アルノ川を越えた丘の上にあるミケランジェロ広場へ。
フィレンツェの夜景はやっぱり綺麗だった。
f0198010_43457.jpg
f0198010_433393.jpgf0198010_451813.jpg

f0198010_454735.jpg



6日目。友達とはお昼でお別れ。サンタ・クローチェ教会まで見送り、私はシエナへのバスに乗り込む。
Eちゃんは夜7時のROMA発の飛行機で帰って行きました。。。
シエナは年2回のパリオ(伝統的な競馬)の日。街はお祭り状態でした。
競技場へと変身したカンポ広場、豪華なファザードと内部装飾のドゥオーモ、
パリオを盛り上げる旗手たちのパレードをみて、
そしてふと思った。

「こんな風にイタリアの文化を楽しめるのもあと4日なんだ。。。」

そんな寂しい気分がこみ上げてしまい、振り切るように予定よりはやくシエナを後にしました。

夜はフィレンツェに留学中の友達KちゃんとApertivo。フィレンツェもトリノに負けないくらい料理が充実してます!
彼女は3月からフィレンツェで留学しているんだけど、大観光都市でイタリア語を勉強するのは
かなり苦労を伴うらしい。まわり、英語や日本語にあふれているからなー(>_<)
でも世界的に有名な遺産たちに囲まれて暮らすのは、やっぱりうらやましい。


そんなこんなで怒涛の6日間。月曜日はパルマで時間をつぶした後、トリノへ帰ります。
一緒に旅行してくれたEちゃん、ありがとう。また日本で会いましょう。



※写真は後日追加される場合があります。(笑)
[PR]

by nana4530tor | 2009-08-17 08:46 | 旅行記  

カンパーニャ州での6日間。

トリノを脱出してもうすぐ1週間。今はローマにいます。
今日の朝までカンパーニャ州はカゼルタ県、サンタ・マリア・カプア・ヴェトレに住む友達の家にお世話になっていました。
その友達と今回行ったのが、カプリ島、アマルフィ、カゼルタです!

f0198010_041943.jpgカプリ島はナポリから船で往復1時間、32ユーロという大変お金のかかる観光地w
島一周の船ツアーにさらに14ユーロはらい、有名な青の洞窟にはいるためにさらに10ユーロ払い。。。
いやしかし綺麗な海と島の景色でした。海にもちょっと入りました^^
f0198010_040319.jpg




アマルフィはナポリから音楽祭で有名なサレルノまで電車(30分でつくはずが各駅停車にのってしまい1時間半かかった。。。)、サレルノからバスで1時間海沿いの山々をうねうねと走ってたどり着きます。
なんでも、日本では織田裕二主演で「アマルフィ」っていう映画が上映中だそうじゃないですか。
「日本人がここで映画撮ったーーーー」というミーハーなテンションだけで行った私達です。
町並みは美しいです。メイン通りからsalita(坂道)を気まぐれに上るのが楽しかったです^^
f0198010_7272833.jpg




f0198010_7313078.jpgカゼルタでもこの映画の音楽シーンの撮影がされたそうで。
王宮とその庭園に行ってきました!いやー、大きい。王宮と庭園をみるだけでまる一日かかってしまします。
金箔の塗られた木像やら、ガラス細工のシャンデリアやら、装飾が面白かったです。

庭は。。。暑くて死にそうでした。近くで山火事があったらしく、ヘリコプターが噴水から水を頂戴していました。
f0198010_729118.jpg




f0198010_734233.jpg月曜日は旅疲れで完全にダウン。夜はカゼルタの旧市街で流れ星を見よう!
と出かけたものの、霧が出てきてしまってダメでした。しかし街はきれいだった^^



今日のお昼にカゼルタ駅で友達とそのお母さんに見送られて出発。
次はいつ会えるんだろう、この一年たくさん会えたのに。。。と考えたら涙がでてきてしまった。
[PR]

by nana4530tor | 2009-08-12 00:42 | 旅行記