映画『冷静と情熱のあいだ』を再び観る。

2015年も少々スタートが遅く、休職続行中であります。
そんな時にふと見つけて見直してみた、映画「冷静と情熱のあいだ」。

基本情報→原作は辻仁成と江國香織の同名小説。男と女の2つの視点から書いたストーリーが話題になりました。
キャスト→竹野内豊、ケリーチャン、篠原涼子、ユースケ・サンタマリア、椎名桔平ほか。意外と豪華でしょ。
あらすじ→順正とあおいは学生時代に別れ、それぞれイタリアのフィレンツェとミラノで別々の人生を歩んでいた。心の底ではお互いを忘れられず、自分の居場所を探しながら生きるなか、10年前に交わしたある約束が二人を結びつける。順正は絵画の修復士、あおいはジュエリー店員で会社役員の恋人がいる設定。


「なんかイタリアで撮影したんだっけ?」
舞台は二人が大学時代を過ごした日本と、今暮らしているミラノとフィレンツェ。ロケーションにもこだわっていて、両国の古い町並みで暮らす様子が羨ましく感じます!
「主役二人が英語やらイタリア語やら日本語やら話したような…」
あおいが日本とアメリカ人のハーフという設定で、順正との会話は日本語と英語。イタリア語は今の生活で二人とも使っているけども、あおいの彼氏はアメリカ人だから英語も頻発。つたなーいイタリア語や日本語なんだけど、見てる人も感じる何とも言えない疎外感やもどかしさ。これ、主役二人の、居場所を見つけられない孤独感、を表してもいるのかな!なんて。

という今更な発見もありましたが、やっぱり再確認したのは空中から撮ったフィレンツェのドゥオモの美しさ。そして、葉加瀬太郎作曲のチェロ曲や、エンヤの歌声などの素晴らしい音楽。いつみても感動できる要素があるんだよなぁ。
あとは、忘れられない人がいる誰にも起こり得る、もしもストーリー的な展開が、観る人の共感を呼ぶんだろなぁ。


一度見たけど、小説は読んだけど、って人にもぜひお薦めしたい映画です!小説と違い映画は1つのストーリーなので、流れるように見れます。

レンタルDVDもいいけど
私はauのムービーパスの無料期間を利用して見ました。

動画も合法的に便利になっていいね。

竹野内豊がtutto?!と連呼するシーンなんか、イタリア語勉強した女子にはたまらんです。

ではこのへんで。
[PR]

by nana4530tor | 2015-02-08 17:41 | 日記。  

<< ノドがいてて。 寝てる時の夢の話。 >>