ブダペスト旅行記。その一

お待たせいたしました。6月以降の旅行記を再開します☆彡

前回の日記ではスロヴェニアの首都リュブリャーナで誕生日を前祝いしたところまで書きました。
今回はその後、ハンガリーの首都ブダペストでどのような一人バースデー067.gifを過ごしたか、
について書いていきまーす。

6月11日。
8時にHostelをチェックアウトして、東欧名物(?)の惣菜パンBREKブレックを買い、
時間ぎりぎりで列車に間に合いました。
スロヴェニア留学中の友達も、同じ電車でスロヴェニア北部の町に日帰り観光に行くということで、
12時までは一緒に列車の旅になりました(^。^)次に会うのは日本かな?
友達が途中の駅で降りてしまった後、ブダペスト行きの電車はお客さんも少なくて静か。
いつハンガリーに入ったかも分からず。。。
リュブリャーナを出発してから9時間後、やっとこさBudapest Deli駅に到着しました。
駅名の看板がないので間違ったところで下車しないように注意です。


ブダペストの基本情報についてお話を。
市内はドナウ川によって東西に二分されており、
西側がブダ地区という王宮地区。丘になっています。
東側はペスト地区という平地で、ショッピングや劇場・レストラン関係はこっちがメインです。
deli駅はブダ側にある唯一の国際鉄道駅なのです。



駅について、とりあえずユーロを両替。50ユーロ→14000フォリント(Ft)に。
ハンガリーはここ数年でめまぐるしく物価が上がっているらしく、はやくも誤算。
ガイドブックに比べてかなり値上がりした公共交通の3日パス=3700Ftに、ちょいひるむ。(でも買う)
乗り換えや区間によって切符が細かく分けられているので、パスじゃないと不安なのです。
毎駅のように検察員がひとりひとりの切符をチェックしているし。厳しいです!

f0198010_18454847.jpgホステルは、インテリアが素敵なところを選んだここです。ペスト地区にある。
入り口から部屋の隅々までアジア&インド風。
隣のベッドとの距離が近くて、プライバシーがない感じもしましたが。。。
レセプションの女の子が可愛いくて話好き。
トリノにいる日本人の友人の同居人にそっくりで、他人な感じがしません。
3泊で35ユーロ。


f0198010_18464459.jpg夜8時、とりあえずディナーのために出かけます。雨が降っていて迷いまくりましたが、
ヴァーシー通りのfataal(ファタール)というハンガリー料理屋さんに入れました。
ハンガリー名物のスープとビールを注文。1470Ftでした。7ユーロくらいですね。


スロヴェニアで予想外にお金を使ってしまったので、ハンガリーではこれが最初で最後のレストラン(笑)
まあ、ダイエットと思ってがんばります。。。涙


お店を出てみたら雨がやんでいたので、ドナウ川沿いに橋を3つ歩いてめぐってみました。
意外と歩けるブダペスト!トラムやバスがたくさん通っていて便利だけど、歩くのも気持ちいい。
f0198010_18472599.jpgf0198010_18474463.jpg
エリザベート橋(左)と、
くさり橋(中央)。


雨上がりのおいしい空気と、綺麗にライトアップされた橋たちを堪能して、誕生日はおわり。
11時くらいに地下鉄に乗ってホステルに帰りましたとさ。

次回は怒涛のブダペスト・2日目です。お楽しみに。
[PR]

by nana4530tor | 2009-10-10 18:53 | 旅行記  

<< あ〜そうだった 台風 >>