トルコ旅行~6日目&最終日

トルコ旅行記最終章。

6日目は日曜日のイスタンブルへ7時半着。
オトガルから地下鉄・トラムを乗り継いで8時半ごろ、またあの宿にとうちゃーーーく。
イスタンブルの地下鉄・トラムの改札は一回の乗車が1.40リラ
f0198010_8381538.jpg
この小さなコインみたいなのが切符です。
再利用できるし、自動改札なおかげでキセルも防止。
頭いいデス、トルコ人。

(リュブリャーナも同じシステムらしい。イタリアも導入しないかな??道に切符がゴミとして散らばらなくなるし、環境にもいいよ?)

まず宿には明日の空港までのバスを手配してもらう(2人で40リラ。なぜ初日の半額。。。笑)
そして、だらーーーっとしてから笑、
今日の目的地・イスタンブール新市街へむけて繰り出す★
目標は「お金を極力使わない。」
なぜなら私の所持金は残り30リラ。友達はイギリス旅行を控えているので小銭を増やさないように。

というわけで新市街へ行くためにまず、ガラタ橋へ!!
f0198010_8503864.jpgf0198010_851859.jpg海です!!天気もいいかんじに晴れてきた◎


むこうに見えているのは新市街のシンボル・ガラタ塔。
f0198010_8535777.jpg


朝ご飯がわりに、私はグレープフルーツ(GREYFRUT)ジュース、友達はがっつり肉入りサンドイッチをいただきながら海を眺める。
この、2人の食事のペースを合わせずに自分勝手にやっていたのが、
あとあとまで引きずることに。。。。。笑笑


f0198010_9134043.jpg
橋を渡る前に、なにやら立派なモスク発見。


f0198010_9155026.jpgf0198010_9161517.jpg

ガラタ橋。えらい釣り人の数です。みんな、必死だな~
っていうか釣りバケツがヨーグルトの容器なんですけど!!
ヨーグルトの容器の大きさにもツッこみたいけど、それを釣りに使うことにもツっこみたい。w

さてたどり着いた新市街。噂どおり、観光客にガツガツしていない、落ち着いた雰囲気。
生活感があふれております。日本でいうなら、埼玉の大宮駅周辺って感じ?w
急な坂をががーーっと登ると、橋のむこうからみえていたガラタ塔が。
f0198010_9213060.jpg中にはレストランとかあって、夜はショーみたいなこともするらしい。
ま、入場料が高いので当然私達はパス!!

f0198010_924440.jpgガラタ塔の前のカフェで、念願のトルココーヒーを初体験します。(3リラ
天気がよかったので外の席で♪上澄みだけ飲むんですね。けっこう濃かった。。。

そのまま坂道の続きをすすむと。。。。
イスタンブルのショッピングストリート、ISTIKLAL CADDESI通りへ!!!
改めて言います。今日は日曜日です。
お 店 あ い て る !!!!!!
f0198010_9313676.jpg


イタリアとスロヴェニアという田舎から来た私達はもう大興奮。
だって、このお洒落なお店たちが全て開いてるんですよ????
日曜日の悲しいイタリアのショッピングストリートとは大違い。。。
そう、日曜日って買い物する日なんですよね!普通そうですよね!!!
(トルコ人の商売にかける精神にはほんとに感心。イタリア、見習ってください。。。)
f0198010_9332622.jpg


イタリアにはないスタバ。

f0198010_9351186.jpg


レトロなトラムが道の真ん中をとおります。かわいいーー♪

大通りの中ほどにある横道を入ると、魚市場が。
ちょっと観光地っぽく、魚料理が自慢のレストランがずらっと並んでいて客引きもあります。
f0198010_9375871.jpg
f0198010_9382326.jpg
んーーーおいしそう★でもまだ食事には早いしな。。。。
f0198010_9413178.jpg
ショッピングロードの横道にもいろいろ。
ここはお土産屋ストリート??


ショッピングストリートの終わりには、TAKSIM広場が。
名前のとおり、タクシーがいっぱい、、、って、そういう意味じゃないと思うけど、
タクシーとバスターミナルのようです。
広場の真ん中にはこんなシンボルが。
f0198010_9443718.jpg


広場に背をむけてふりかえってみると、こうなってます。
いやーー都会だ。。。
f0198010_945277.jpg


というわけで、お腹がすいた私はサンドイッチで満腹状態の友達をひきづりまたショッピングストリートへ。
人も増えてきて、賑やかになって来た◎
と、ここでネヴシェヒルでバスが別れてしまった日本人のバックパッカーと偶然の再会!!
彼はタクシム広場で今夜飲み明かすらしいです。。。w
食べるところを探しつつ、きになったお店にどんどん入る私達。

いやートルコのファッションセンス、好きだなぁ016.gif
カラフルだし、ナチュラルだし、デザインも凝ってる気がする。
冬になったら黒ばっかり着てるイタリア人とは大違いです。(偏見かもしれないけど、そうだもん。。。)
所持金の関係でなにも買えなかったけど、
いま思えばクレジットカードで払ってでもワンピース買っとくべきだった!!!
イタリアよりぜったいサイズ見つかるしね


さてたどり着いたお店。外から見えるパン作りのおばさん達が魅力的★
f0198010_9563760.jpg

f0198010_1014024.jpgこのお店でトルコ式チヂミGözlemeをいただきました。(5.5リラ
中にほうれん草、チーズ、ひき肉が入っていておいしいーーー。^^
いっぽう友達はチャイのみ。。。。笑
f0198010_1041064.jpg
食後は絵葉書タイム♪ そして帰るときにウェイターさんが「写真とる?」といって
持っていた豪華な料理(他のテーブルのです。w)をみせて立ち止まってくれた(@_@)



食事を終えて、道端でブリック(スロヴェニアで有名な3時のおやつ的な食べ物。)を買い食いし、
またまたショッピング街に目を光らせていると

「日本人ですか?」
と可愛い女の子に声をかけられる。きた!変な出会いパート4!!!

実はこの子は日本語を習い始めたばかりであまり喋る事はできないらしく
隣にいた彼女の男友達のほうが、日本人の彼女がいるらしく日本語が達者。
そして彼の友達と伯父さんがお土産屋を経営しているらしく(どこかで聞いた話だ。。。w)
「チャイをご馳走するからそのお店でちょっと話そうよ!」と誘われる。
女の子がひたすら可愛いのと、今までになく若い人からの誘いに
もうこのパターンに慣れた私達はすんなりOK(笑)

とゆーわけで、タクシム広場のすこし奥、落ち着いた住宅街にあるお土産屋さんで一息。
お店の伯父さんは日本人の奥様がいらっしゃるそう。
イタリアに住んでいます、といったらイタリア好きな従業員にイタリア語で質問攻めに合う。
スロヴェニアに住んでいる友達のほうはもっと質問攻めに合うwwww
そんな友達を横目に、
わたしは女の子(エリフさんだっけ?名前)の日本語の勉強にちょっと付き添ってみました。

「学校から帰ってから テレビ 見ます」
「家族と ご飯 食べます」

トルコでは「てにはをが」の助詞は抜いて教えるんでしょうか。。。。。まあ通じるけど。
そしてびっくり。彼女なんと15歳でした。同い年くらいかと。。。。オトナっぽいなーー(@_@)
というか、15歳から日本語習うとか。。。。偉すぎます。彼女、私立の語学学校に通っているみたいだし。
将来おみやげやさんを継ぐのかしら?
f0198010_10315276.jpg

私「マックのデリバリーだって!!!!」

彼「え?トルコじゃ普通だよ?」



今日の夜、飲みにいこうよーーーー!と誘われましたが
本当に今夜こそテスト勉強をしなければならないので008.gif、お断りです。
しかしながら引き下がらない粘り強いトルコ人男たち
このあと広場で写真撮って別れるまでずーーーっと誘い続けてくれました。w
そして30分後に道でばったり再会したときもまた誘ってくれました。笑
彼は「来週から世田谷に行く」と言っていたので、いまごろ日本なのでしょう。。。

午後5時半。ガラタ橋を再び渡って旧市街へ。
日がしずんだあとの景色も最高です☆
f0198010_10305546.jpg
来たほうと反対側を渡ったら、ぐうぜん
サバサンドを販売している区域に出会う。
トルコ上陸前からサバサンドを食べるのが夢だった私の友達、
これから夕食だってのに、食べちゃいました。(自由です、今日のわたしたちw)

でもいい匂いだったし、新鮮だし、船着場につくられた簡易レストランたちがいい雰囲気でしたよーー♪



f0198010_10413954.jpg宿の近くのレストランで夕食。最後の最後でケバブ!!10リラくらい
そして友達はスープのみ。。。笑
確かに安かったけど、タダだといっていた飲み物代を請求されたり、
おつりをなかなか持ってきてくれなかったり。。。と残念でひどいレストランでした(>_<)

そして勉強はろくにせずに就寝。






翌朝。
f0198010_10484447.jpg暖房がちゃんと効いていなかったため、風邪をひいてしまった友達。
ホステルに泊まっていた日本人が地元の隣の熊谷市の出身だった。
時間どおりに来るとおもっていたバスが15分の遅刻。
ロンドン行きの飛行機が1時間の遅れ。。。。イタイ。
さようならトルコ。。。。



まじで具合の悪い友達とロンドンで別れる。。。涙
一週間いっしょに旅してくれてありがとう。。。体調が心配だけど先に国に帰る私を許しておくれ。。。><
f0198010_10515266.jpg

一人になった私は空港のスタバでコーヒーを急いですすり、
(クレジットカードもユーロも受け付けてくれないスタバのために、5ユーロだけ両替した私。バカです。)
またも荷物検査で今度はショルダーバックの中身を全て出され(貴重品あるからやめてーーー)
11時にミラノ着。そして2時にトリノに帰宅。

以上で私のトルコ旅行記、終了です!!
ほんとにやりたい放題の楽しい旅でした◎
だらだら長い旅行記を呼んでくださったみなさん、ありがとうございます!
[PR]

by nana4530tor | 2009-02-24 10:57 | 旅行記  

<< 新学期。別れの季節。 トルコ旅行~5日目 >>